Face

シミ、シワ、ほくろ、脱毛、にきびなどのスキントラブル、お顔のお肌に関する治療についてご紹介します。
医師によるカウンセリングで、ご自分に合った治療法、美しさへの最善の方法をご提案します。

にきび治療

にきびの発生原因とその状態は、人それぞれ異なります。まず、その原因を追
究し自分に合った治療法をみつける事が大切です。当院では、さまざまなにき
びに合わせた治療を提供する事が可能です。また新たなにきびができないよう、アフターケアの指導も行っております。

治療方法

内服治療・外用の治療
内服治療は主に抗生物質などのにきび治療薬を服用します。アクネ菌の繁殖を抑制したり、赤く化膿した患部を沈静する事ができます。
外用の治療は、クリームやローション状の抗生物質を使用します。アクネ菌を殺菌し、炎症などを鎮める事ができます。にきびは内側からのケアがとても大切ですので、外用の治療だけでなく、内側からのにきび対策を行いましょう。
イオン導入
イオン化されたビタミンC誘導体を微弱電流で皮膚に効率よく吸収させる方法です。

超音波導入
イオン化できないビタミンA誘導体などを超音波の振動を加えて皮膚の奥に高濃度で吸収させる方法です。
ビタミンAやビタミンCの抗酸化作用や抗老化作用や皮脂分泌抑制が高まります。
この方法はにきび治療の他に美肌やくすみ、シワにも効果的です。

ケミカルピーリング
不要な角質の細胞と細胞の隙間は、セメント状の脂質(細胞間脂質)がガッチリと固めています。その脂質を酸の力で溶かすことで、不要な角質の代謝を促します。また、酸の適度な刺激が肌を活性化します、油うきの強い脂性肌のにきびに最も効果があります。

皮膚腫瘍の治療

皮膚腫瘍は一見普通のシミやほくろのように見えるものもあり、気付かないことも多々あります。腫瘍の種類によって治療方法が異なります。気になるシミやほくろのようなものが現れたら是非一度診療を受けてみてください。

治療方法

切除手術やレーザー治療、腫瘍によっては様子を見る場合もあります。
ここで一般的な治療法についてご紹介します。
腫瘍の特徴と治療結果をよく考えた上で治療法を決定します。

切除手術
患部の周囲に部分麻酔を行い、メスを使って腫瘍を切り取ってしまう方法です。細いナイロン糸で皮下および皮膚の2層縫合を行います。抜糸をするのは表皮のみです。線状の傷跡が残りますが、確実に切除できるのが特徴です。術後、傷跡をきれいに治すためにテーピング治療やスポンジによる圧迫治療を行うことがあります。

レーザー治療
皮膚腫瘍の種類によっては、切除するよりレーザーで治療した方がきれいに治る場合があります。ただ、レーザー治療の場合は、1回の治療では完全に取れないことがあり、繰り返し治療が必要な場合があります。数種類のレーザーを組み合わせて治療を行うことがあります。

ほくろ・いぼ治療

皮膚を切開することなく、簡単に取り除くことができます。取り除いた部分は、傷痕を目立たなくなりきれいに治療することができます。長年、ほくろを気にしていた方も、一度ご相談下さい。手軽さにきっと驚かれるはずです。

治療方法

[ほくろ]
ご存知のように“ほくろ”とは黒い色素腫瘍のことです、ほとんどの場合は良性ですので心配はありません。ただ稀に悪性の場合もありますので、病理検査が必要になることもあります。

治療法は・・・
・切除手術
・レーザー治療(炭酸ガスレーザー・ルビー、ヤグレーザーなど)

[いぼ]
またいぼはイボウイルスの感染でなります。手足にできることが多いですが、いぼは体中どこにでもできるものです。治療は回数がかかることが多く、再発することもあります。

治療法は・・・
・経過観察(自然に治る事もある)
・液体窒素による凍結治療(一番よく行われる)
・ヨクイニンの内服(免疫力を高める治療)
・サリチル酸外溶剤の貼付
・切除、蒸散(削り取ったり、レーザーで蒸散)

シミ・そばかす治療

[シミ]
“シミ”と言ってもさまざまなタイプのものがあります。レーザーで治療するもの、内服で治療するもの、塗り薬で治療するものなど。シミの種類に応じて治療法を決めなければなりません。

シミの種類
・老人性色素斑(脂漏性角化症)
比較的はっきりとしたシミです。通常レーザー治療やフォトRFで治療を行います。1回もしくは数回の治療を行います。
・肝斑(くすみ)
頬部などにできる薄いシミ(くすみ)です。日常生活の改善や飲み薬、ビタミンCの塗り薬、イオン導入、超音波導入で地道に治療をしていきます。
・あざ
太田母斑や扁平母斑と呼ばれるあざは、ときどきシミと間違われたりすることがあります。あざの場合は、あざの治療をする必要があります。

[そばかす]
そばかすは顔、首、腕にできる日焼けのシミタイプの腫瘍です。基本的には良性ですので、治療をする必要はありません。

治療法は・・・
・切除手術
・レーザー治療(炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザーなど)

ピアス

当院ではさまざまな種類のファーストピアス(穴が固定する約1ヶ月間継続して装着する必要があります)をご用意しておりますので、アレルギーが心配な方や、おしゃれを気にする方でもご利用できます。個人であけた場合や不適切な処置の場合は、時として化膿などのトラブルを引き起こします。 ピアスの穴あけは、専用の器具を用いて清潔な操作で行うことをおすすめします。ぜひ当院をご利用下さい。

料金

両耳
6,480円(ピアス2個、処置料込み)
324円(軟膏代)
PAGE TOP